尿路結石の原因は?

さて、猫で最も多いとされている病気は泌尿器系だということは先ほども述べましたが、よく見かけるのが尿路結石です。これは猫の病気では頻繁に見られる病気です。そしてオス猫のほうがメス猫よりも発症率が高いと言われています。その原因としてオス猫の尿管はメス猫の尿管よりも長いので、より結石が詰まりやすいということになるのです。

この結石は尿管内で作られるよりも腎臓内や膀胱内などで形成されることがほとんどです。これが尿と一緒に小さな砂状のものや石状のものが尿管に流れ出た時に詰まってしまう状態です。結石の原因になるのは尿がアルカリ性に傾くとストラバイト結石ができ、逆に酸性尿に傾くとシュウ酸カルシウム結石ができやすい状態になります。

猫は水をあまり飲まない動物です。そのため尿が長時間膀胱にとどまることによってどんどん尿が濃縮されていきます。すると石が形成されやすくなるのです。どちらの種類の結石の場合でも栄養バランスの取れたキャットフードを与えて、さらにお水をしっかり飲ませるようにしていれば十分に予防が可能です。水をたくさん飲ませると尿で結石ができる前の状態の砂などがどんどん腎臓や膀胱から洗い流されていくため尿路結石にはとても有効なのです。